健康に適した睡眠時間と睡眠の取り方

長い時間寝ても頭がぼーっとする、睡眠時間が足りていないと感じる人は多いと思います。そこで頭もスッキリし、体にも良い睡眠の取り方を紹介していきます。
睡眠時間が長すぎると、頭がスッキリするのに時間がかかってしまいます。逆に短すぎると頭が痛くなったり、ぼーっとしたりします。一般的に8時間寝るのが良いとされていますが、8時間は寝過ぎになります。現実的に頭にも体にも良い睡眠時間は6時間半から7時間半です。
これまで睡眠の長さについて書いてきましたが、長さよりも大切なのは睡眠の質です。睡眠の質が良ければそれほど長く眠らなくても問題ありません。良質な睡眠を取る上で大切なのは、22時から2時の間に睡眠を取ることです。この時間は新陳代謝が活発になると言われています。この時間に寝ることは、成長期の子供にとって特に大切です。中には寝る時間が少しでも大丈夫といったショートスリーパーと呼ばれる人がいます。この人達に共通することは、深い眠りの割合が多いということです。深い眠りにつくために、寝る前にテレビを見たり、携帯電話を見たりしてはいけません。

PR|エステでたまにはきれいにしたいよね!

コメントを残す