まずは心を満たして健康を維持しよう

病気にならないように気を使っているなら、ストレスなどの心の不健康が、体の健康まで奪ってしまう可能性も考えなければいけません。予防するためには、適度に心を健康にしていく作業が必要です。
心が安らいだり、ストレスが減る方法として有効なのは、意外にも自分の嬉しいことをするより、他人に喜んでもらうことをすることだそうです。うつ予防のサイトなどにも書かれており、実践してみると確かにそれは言えるととても共感しました。
できることはとても小さなことで良いのです。家族と住んでいるなら家事をするとか、一人暮らしなら植物に水をやるとか、そんな簡単なことで良いのです。これによって他者を自分が助けたという、いうなれば一種の自己満足が芽生え、自分が必要な存在であることを自分に認識させることができます。
ストレスがある時こそこれをやれば、体にまで負のオーラがやってくる可能性を低くすることができます。病気になってからでは遅いので、対策としてやっておきたいですね。

PR|LUMIX-SHR脱毛のエステ比較

コメントを残す