スーパーで小袋に入っていて、いつでもお手頃な価格で見つけることができます。
ショウガは、栄養価はそれほど高くはないのですが、特殊成分が含まれていて、古くから漢方薬として用いられてきました。
辛み成分のショウガオールとジンゲロンがその成分です。
これらは胃に刺激を与え、胃液の分泌を高めるとともに、消化吸収をよくします。
また、胃腸の働きよくなることは食慾増進にもつながっています。
ショウガが健胃剤として用いられてきたのは、こういった働きのためです。
また、中枢神経を刺激して、発汗作用や呼吸作用、血管運動などをさかんにします。
その結果、新陳代謝が高まって、身体が暖まります。
かぜのひきはじめに、ショウガの入った飲み物を飲むと良いといわれるのもこのためです。
疲労回復、冷え性などにも役に立ちます。
乾燥ものや粉末にしたものもありますが、日常使いやすいのは、普通に生のものです。
ひねショウガをごく薄く切って、さっと熱湯をくぐらせたあと、甘酢につけたガリは常備できるので便利です。

PR|エステの光フェイシャルで肌のトラブルを解消