私はこの前、吐き気が多いことから漢方に強い医者に行ったのですが、その時、生姜が良いというアドバイスをもらいました。漢方というと薬というイメージが強かったのですが、胃腸に良い漢方の中にはほとんどの場合人参が入っていることを教えてもらい、もともとは身近にあるものなのだと感じました。
そのため、生姜も生活の中に取り入れてみようと、アドバイス通り甘酒に生生姜を混ぜて飲んでみました。・・・まずっ!(笑)これは漢方などの苦みに慣れている私でも、まずさには慣れていませんでした。これは冬限定の飲み方だし、何か他の方法はないものかと思ったら、家族が紅茶に入れてみては?と助言してくれました。
するとこれが大当たり!ポイントは、紅茶に砂糖と蜂蜜をこれでもかとたっぷり入れることです。そこに生生姜を入れるのですが、塊になるといけないのでスプーンでほぐしながら混ぜていきます。祖母が、これは生姜糖の味だと言っており、これは普通に紅茶としておいしくいただけました。

PR|フェイス脱毛に定評あるエステサロン