健康診断の前日や当日の朝に食べても良い物は何なのか、気をつけることは何かを紹介していきます。
健康診断の前日は22時までに食事を済ませ、当日は朝食を抜く必要があります。これは血液検査に影響が出るからです。血液検査には、空腹時の常置を検査する物があります。この検査に共通することは、食事をしたら値が上昇するということです。検査は空腹であることを前提で行われるため、食事をした状態での数値は異常として扱われるでしょう。当日に関して、食事は禁止されていますが、水分補給は禁止されていません。大切なのは何を飲むのかです。健康診断の案内所には水、またはお茶なら問題ないと記載されています。アルコールを含むお酒や、当分を大量に含む清涼飲料水はもちろん禁止です。さらにカフェインが含まれるコーヒーや利尿作用のある飲み物も禁止です。よってお茶の中でも緑茶はカフェインが含まれており、利尿作用があるため飲まない方が良いでしょう。

PR|立川にある細身エステエステはエスシート